Tuesday, 11 July 2006

頭突きジダン

W杯終了。
寝ぼけ眼で見てたら飛び込んで来たのがジダンの頭突きシーン。
マテラッツィの人種差別発言が発端という噂ですが言葉の暴力は許されても、挑発に乗ったら一発退場なんて因果な商売やなあ。
ポルトガルのC.ロナウドがイングランドのルーニーを退場に追い込んだ件と言い、最近の「勝てば官軍」的な要素は見てて非常に不快。お客もそれで喜ぶとは思えんし。
ちょっと立場は違うけど生涯一度も警告を受けなかったリネカーを見習えっての。

| | Comments (3)

Monday, 03 July 2006

NAKATA引退

ワールドカップが中休みの今日、今日のサッカー好きのブログはどこもこのニュース一色でしょう。
30代初めで引退するとは思っていたけど、まさか29歳で引退するとは驚いた。
4年後は33歳。スタメンフル出場はしないとしても、十分出られる可能性はあると思っていたので非常に残念。

今回のワールドカップでのインタビュー等で得た印象からは、もう4年後目指すのに疲れたんじゃなかろうか?と思う。「もう思い残す事は無いので後進に任せた」というよりは「もうお前らエエわ」という感じに見える。

選手でなくなってしまう以上、引退後に何をするのかにはサッパリ興味は無いけど大体想像はつく。逆にそういう選択肢がある分、引退も早かったんでしょうな。

あとは残された選手とオシムに期待。

| | Comments (5)

Sunday, 02 July 2006

ガッザの涙

イングランド負けた。
怪我人続出で本来の編成を組めないまま良く頑張ったとは思うけど、あんな負け方とはなあ…。
いっそ何点か入れられての負けの方がスッキリしたんじゃなかろうか?
残念。

490178273801lzzzzzzzそんな週末に読み出したのがこの本「ガッザの涙」。
90年代にイングランドとイタリアで活躍した「ガッザ」ことポール・ガスコインの自伝。
ロナウジーニョの自伝とどっちにしようか迷ったあげく、より無茶苦茶な人生を歩んでいた方が「読んで面白そう」と勝手に決めつけてこっちに。
まだまだ読んでる途中なんで内容はまた別途。代表は負けたけど、しばらくイングランドに浸ってみよう。

| | Comments (0)

Sunday, 25 June 2006

W杯決勝トーナメント

England日本代表がいなくなってしまった今、今日から第2の故郷であるイングランド人になります。(ズルいと言うなかれ)
Come on England!
怪我人続出で状況は厳しいが今日も勝つのだぞ。

| | Comments (0)

Friday, 23 June 2006

日本vsブラジル

あ〜あ、負けた。
4時起きで見てたのに。
前半終了間際までは「ひょっとして」と思ってたんやけどなあ。
次期監督は8年前にフランスを優勝に導いたエメ・ジャッケとかいう噂もありますが、誰でも良いからまた4年後に頑張ってもらうとしましょう。

おかげでバッチリ目も覚めてしまったので、今日は変に早い時間に出勤する事になりそうです。

| | Comments (3)

Monday, 19 June 2006

日本vsクロアチア

負けに等しい引き分け。
またまた残念。
試合終了とともに大喜びしてた会場の日本人サポーターは何考えてんだろ?

しかし、テレビ解説の意見ってのはいちいちもっともに聞こえる。(特にセルジオ越後)
この人が監督やったら勝ちまくりかと言うとそんな簡単なもんじゃないんだろうなあ。

| | Comments (4)

Tuesday, 13 June 2006

日本vsオーストラリア

10分余りで逆転負けかあ…。

ほとんどの時間帯で押し込まれてたのに、川口含めディフェンスラインは良く頑張ったと思う。
しかし、あれだけ暑そうな環境で前線はへばってそうなのに大黒の投入がロスタイム。
もっと何とかなったんじゃないか?

残念、次戦に期待。


※追記
公式記録によると、

オーストラリア シュート:20(枠内シュート:12)
日本 シュート:6(枠内シュート:2)

差が歴然。
打たなきゃ入らんし、打ってもこれじゃなあ…。

| | Comments (0)

Sunday, 11 June 2006

ワールドカップ開幕

サッカー好きは寝不足必至のシーズン到来。
月曜はみんな帰り早いんやろなあ。

8年前のフランス大会ではNHKの独占放送だったテレビも日韓大会からは民放との折半放送。これがまた曲者。サッカー見るのに別にお笑い芸人による半端なウンチクやらアイドルによる応援やらカビラ兄弟による絶叫やらはいらんのですよ。スポーツ見るならやっぱり硬派なNHK。
と思ってたら、開幕前のNHKの特番に次長課長が出てた…。NHKよ、お前もか…。

| | Comments (0)

Sunday, 12 March 2006

セレッソ大阪vsガンバ大阪

CIMG2905セレッソ大阪 1 - 6 ガンバ大阪
[セ]西沢(40分)
[ガ]フェルナンジーニョ(2分、60分、65分)マグノ・アウベス(81分、84分、86分)

何だか毎年恒例になりつつある3月のワンコインデーで長居でJリーグ観戦。
セレッソのホーム開幕戦は昨年末観戦した天皇杯と同じ顔合わせの大阪ダービー。雨+極寒のコンディションにも関わらず入場者3万人超という結構な大入り。長居はセレッソホームなのに応援はガンバの方が元気がある。

試合も応援を反映したかの様な内容で天皇杯時とは全く逆のガンバ優勢の展開。前半はそれでも何とか同点で踏ん張っていたのが、後半からガンバのゴールラッシュに撃沈。両フォワードが揃ってハットトリックという、ガンバにしてみたらまあ理想的な試合内容。大阪南部の住民としてはセレッソに肩入れしてたけど、ここまでボコボコの展開だと目の前でゴールシーンをしこたま見れたからまあ良いかーという心境。いや、それにしても寒かった。次回はもう少し暖かくなってから来よう。

| | Comments (0)

Saturday, 24 December 2005

[天皇杯]セレッソ大阪vsガンバ大阪

CIMG2344今日は各地で天皇杯の準々決勝。
特に本拠地での開催と決まっていない大会なのに、今年の準々決勝はうまい具合に長居球技場でセレッソ対ガンバの大阪ダービー。今年のJリーグを盛り上げた2チームだけに「これは行かねばなるまい」と昨晩思い立って見てきました。

真っ昼間の13時キックオフにもかかわらず、雪がちらついたりしてホワイトクリスマスな感じなのは良いけど、半端でなく寒い!北風ピューピューの中、ガタガタ震えながら観戦。バイト君が「ビールいかがっすか〜?」と一生懸命仕事しているけども全く売れてない。こういう時は熱燗売りなさいって。

セレッソ大阪(1)3ーガンバ大阪(0)1
[セ] 森島(40分)、古橋(51分)、ファビーニョ(53分)
[ガ] シジクレイ(58分)

展開としては完全にセレッソのペース。ボールも良くつながるし、トップの西澤が前後左右に動いてうまくボールを展開。左サイドの酒本(多分)は常にフリーの状態だし、森島の飛び出しも効果的。対するガンバはボールが全く繋がらないで手詰まりの状態。後半からは割とボールを支配して前掛かりの状態になるも、前線ではセレッソのマークが必ず2名以上ついており、パスコースを探しながら右往左往。フェルナンジーニョが一人で突っかけても潰される。アラウージョ、大黒を欠いているとは言え、セットプレー頼みの展開に終始して、リーグ戦前半の暴力的な得点力のさっぱり感じられないチームでした。

ヨーロッパで同じ都市にチームが二つあれば必ず地元住人のサポーターは真っ二つに割れるワケですが(ロンドンのアーセナルとチェルシー、ミラノのACミランとインテルみたいに)これはお互いのチームのカラーがハッキリしているからそうなるわけで、ようやくJのチームもそうなってきた感じがする。大阪の2チームはどっちを応援しようか迷う状態でしたが、今日の試合を見た限りではやっぱりセレッソの方がチームカラーが濃いのでセレッソに軍配が上がりますね。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

BOOKS | DESIGN & PRODUCTS | DIARY | FOOTBALL | LIVE | LONDON & U.K | METABO'S | MISC | MOVIE | MUSIC | TRAVELOGUE